アメリカの自然と歴史に浸る!北米のおすすめ観光スポット

上院・下院の呼び名のルーツ

フィラデルフィアにある独立記念館は、アメリカ独立宣言が行われた場所として有名です。元々は1749年に建てられた州議事堂で、トーマス・ジェファーソンが起草した独立宣言が署名されました。アメリカの自由の歴史が始まった場所として、世界遺産にもなっています。この議事堂は1800年頃まで合衆国議会の議事堂となっており、合衆国の憲政の歴史が刻み込まれています。議会で使用される上院・下院の呼び名も、この建物に由来します。2階部分を使った元老院が上院となり、現在もそのまま呼ばれています。

遊覧船に乗って迫力ある光景を

北米観光で外せない自然スポットとして、五大湖が挙げられます。湖畔に広がる街は湖の豊かな水資源に支えられており、中心都市となるシカゴは常に活気に溢れています。市民自体も熱量の高い住民が多く、独立心旺盛な人間性です。同じく北米の代表的自然スポットに、世界三大瀑布のひとつでもあるナイアガラがあります。カナダとの国境にもなっており、ニューヨーク州バッファローからのアクセスがしやすくなっています。滝の規模はカナダ側の方が大きいですが、遊覧船に乗ればどちらでも迫力ある光景が堪能できます。

近大都市アメリカを象徴する街

シカゴは世界都市ランキングでも3位にランクされるほど、発展度合いが高い街です。摩天楼が誕生した街として知られており、1871年に発生した大火災をきっかけに街が再建されました。そのため、西欧風の古い建物の中に、高層ビルが数多く建てられています。新旧混在する街並みが形成されており、散策するだけで楽しめるエリアです。当地は海外ドラマにも度々登場しており、近大都市アメリカを象徴する場所でもあります。

フライアゴーでたのしい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です